自然薯倶楽部の収穫体験
2016.12.3

昨日は自然薯倶楽部の収穫体験を行いましたが、天気に恵まれて、最高の天気のもとで自然薯を掘り上げました。

野菜の栽培講座としては初めて行った講座でしたが、豪雨や干ばつといった異常気象のおかけで、気が気ではありませんでしたが、非情にも収穫の季節はやって来るものです(笑)

秋口の自然薯は既に蔓が枯れたものもあり、「こりゃあヤバイ‼な」といった思いで畑を眺めていました。

最悪を想定して、先ずは師匠の畑で収穫をさせていただくと言うその場しのぎ、とりあえずお客様を満足させておきまして、いざ、雑草だらけの農家楽の畑に、ところが、掘り始めるとやや細いものの、なんとか様になる自然薯が顔を見せてくれました。

これにはお客様一同、感動の「お~‼」雄叫び‼管理人として本当に安堵いたしました。
お陰さまで、師匠のじねんじょと合わせてお一人様3本のお土産付き、参加されたお客様も管理人も大満足の畑体験になりました。

早くも来年のご予約をいただくほどの盛況で、この企画、大成功‼
ありがとうございました。

Ps: 先ずは師匠の畑での収穫体験をご覧ください。おそらく、私の知る限り、最も美しく整備された畑です。
長芋の先が掌のようになっているのは、成長期に豪雨に当たって、そのストレスで起きるものです。