親子で秋・冬の体験
2017.11.19

山口市内のA幼稚園の子ども達が、今年は4回アクティビティにやって来る予定で計画していましたが、その内1度は管理人が掌をスズメバチに刺されるというハプニングから、中止させていただき、都合3回の開催になりました。

その最終回、これがまたすごい霜降の日で、気温か零下まで下がってしまい、子ども達に配慮(実は大人が寒さに億劫で)して山の散策を中止しました。

当日は、インドアなアクティビティになってしまいましたが、郷山の恵みを詰め込んだリースやツリー作り、みんなで一緒に楽しめる巨大ピタゴラを楽しみました。

この幼稚園のアクティビティは今年で6年目になります。初めて開催した時の子どもが来年中学生になります。時が経つのは早いもので、私が歳をとるのも当たり前、実感してしまいました(笑)

でも、まだまだ負けませんよ‼️(笑)