イクメンセミナーin山口
2017.1.15

おはようございます。
連日寒い日が続きますが、青年期を北海道で過ごした農家楽管理人は、多少の寒さには強いつもりです。

そんな寒い日曜日、山口市維新公園アリーナでイクメンセミナーin山口が開催されました。

山口県や山口子育て県民運動山口地域コーディネーターネットワークという、広域の組織が主催でしたので、お客様は県内あちこちから参加されていたようで、寒波襲来にも関わらず、会場は熱気に包まれていました。

そのようなイベントで、私たちやまぐち里山環境プロジェクトがメインのセミナーをさせていただきました。

今回の体験イベントは、お父さんの応援イベントです。普段忙しく働いているお父さんと、お父さんの愛に包まれたい子ども達たちの共同作業のお手伝いをさせていただきました。

長さ14mの巨大なピタゴラスイッチと、小枝のムーブメントを作りましたが、子供達よりもお父さんが夢中になる場面もあり、何度もビー玉を転がして遊ぶ子ども達と、楽しい時間を過ごすことができました。

小枝のムーブメントは、本来森の中で楽しむ遊びですが、ホールの中でも十分楽しめるクラフトでした。

どちらの遊びも、子ども達自ら考え・創る楽しみを感じ取ってもらえるよう、お父さんがインフォメーションすることが狙いです。

今日一日で、子供たちのイメージポケットを満たし、子どもたちの人間力を付けることは無理ですが、日々小さなふれあいや体験が、きっと10年、20年後、子供たちの生きる力になるのだと信じています。

普段、畑や森の中での体験をお手伝いする機会はありますが、このような場でのお仕事は、私たちの活力にもなりました。

寒さに負けない子ども達に、たくさんのパワーをいただいた一日になりました。
ありがとうございました